セラピストの資格を取る前に覚えておくこと|自分に合った講座を選ぶ

女性

仕事に活かせる知識を

男女

ビジネスに必要な資格は多くあります。資格はその知識を備えているという証です。社内からは向上心が高いと評価され、ビジネスパーソンからは頼れる相手として評価されます。キャリアを積み重ねる大きな武器になります。

もっと知ろう

手技に違いがあります

女性

協会やカリキュラムの違い

セラピストになるには特定の資格があるわけではないのが特徴です。多くの資格が民間資格であることから、セラピストになるために取得が必須になるわけではないのです。しかしながら、サロンで働く場合や自身がサロンを主宰する場合においては、資格取得を行い体系的に学ぶことが大切になります。セラピストにはいくつかの種類があり、アロマを使用したり、リフレクソロジーなど部位別に学ぶ必要があります。自身がどのようなセラピストになりたいかによって、取得する資格や学ぶカリキュラムに違いがあるため、目的を明確にしておくことが大切になります。また、協会によっても取得できる資格に違いがあることから、資格取得講座を利用する場合にはじっくりと検討することをおすすめします。

なりたい自分をイメージ

セラピストの資格には種類があるため、自身がどのようなセラピストになりたいかを明確にしておくことが大切になります。例えばアロマを使用するのかや、ハワイのロミロミをしたいのか、バリのバリニーズマッサージをしたいのかによって、学ぶ内容も取得する資格も違いがあります。また足裏のケアを行うリフレクソロジーなどもあるため、自身が行いたい手技が学べる協会を選択することをおすすめします。多くのセラピストが一つの資格にこだわらずに複数の手技をみにつけていることから、自身にあうものを複数選択するのも一つの方法です。セラピストの就職先は様々であり、専門のサロンや個人サロンなど多岐に渡るため、自分の将来もイメージして学ぶことをおすすめします。

間口の広い資格です

男性

保育士資格は、基本的に大学、短期大学卒業者なら保育専門の学校を出ていなくても実務経験なしでとることができます。共働き世帯の増加によりこれからさらなる需要が期待できるので、是非ともおすすめしたい資格です。

もっと知ろう

就労先は保育園だけでない

男女

保育士になるには国家試験を受けて資格を得ることも可能ですが、多くは大学や短大、専門学校で履修してなる人が多いです。全国的に保育士は不足していますが、こども園などの広がりにより幼稚園教諭免許状の双方を有する人が望まれており、一方のみの資格保持者に対しては特例措置で双方の資格が得られやすくなっています。

もっと知ろう