間口の広い資格です|セラピストの資格を取る前に覚えておくこと|自分に合った講座を選ぶ

セラピストの資格を取る前に覚えておくこと|自分に合った講座を選ぶ

婦人

間口の広い資格です

男性

専門外でも受験できます

保育士の資格を取る条件としては、厚生労働大臣の指定する保育士の養成学校等で所定の課程科目を履修し卒業する、もしくは保育士試験に合格する必要があります。この保育士試験は、学校教育法に基づく大学、短期大学、又は2年以上の専門学校を出ていれば、基本的に実務経験がなくとも受験することができます。また規定の実務経験があれば、高卒、中卒者でも受験が可能です。一般的に保育専門の学校を出ていないと資格が取れないと思われがちですが、保育に関係のない大学や短期大学を卒業していても保育士になることはできるのです。資格は欲しいけれど、保育とは関係のない学校しか出ていないからという理由で諦めていた方、今一度保育士資格を目指してみてはいかがでしょうか。

注目は需要の高さ

最近は少子化が進んでいるため、保育士の需要は少ないと思われがちです。しかし、女性の社会進出により共働き世帯が増加、また核家族化により 祖父母や親戚などに預けることが難しくなっているなどの現象が、少子化の進行を上回っている状態であり、保育ができる施設や人の需要が急増しています。特に認可保育園では、保育士1人あたりの担当児童の数に制限があり、保育園自体が増えても定員を増やすことができないといった状況があります。そのため地域差はありますが、国内では基本的にどこでも保育士資格を持った人は引く手あまたです。専門資格を持っていない大学や短大卒業生の方など、何か資格をと思ったら、これからさらに需要の増える保育士資格はお勧めできます。